fc2ブログ
アルファ gtv 2.0TB

alfaromeo alfa gtv 2.0TB
97年式 87,200 km 最初期型のgtvであります。 2012年4月13日に納車。タイベル周りやクラッチもOH済みの個体に全塗装、足回りのリフレッシュ、エンジンマウントの交換などの初期化を加え、当分安心して乗れるクルマに仕上げたつもりです。

17インチのGTAレプリカホイールの装着、コルセウィングの装着、ARQRAYマフラーの装着などが純正からの変更点でございます。

しかし、ガソリン漏れ、オイル漏れ、その他にも色々とトラブルに悩まされ降りることにしました。もっと程度の良いクルマを探せばよかったですね。どこか、信頼できるイタリア車のショップがあればもう一度、ちょい旧イタリア車に乗りたいけど.....当分はお腹一杯ですw


ランチア デルタ インテグラーレ

LANCIA DELTA INTEGRALE
94年式 限定220台のジアラでございます。
購入から9年目の2012年4月にドナドナ。足回りの総リフレッシュ、クラッチ回りのOH、エンジンのOH、電装系のリフレッシュなど色々と手を加えながら乗っておりました。エボ1タービンにちと加工したものを装着していたので、気持ちよい加速を体感できました。

しかし、二度目の大きな初期化が必要になり、ここらが潮時かと思いジアラを降りました。将来また乗りたいと思わせてくれる、楽しさ一杯のクルマでありました。


カテゴリー


月別アーカイブ


RSSフィード


新しいブログを初めています♪
クラシックミニに乗り換えミニとVガンマとのくらしを綴る「クラシックミニとVガンマとのくらしの手帖」という新しいブログを始めています。

興味のある方は一度遊びにきてくださいね。

▼クラシックミニとVガンマとのくらしの手帖
http://oldmini106.blog.fc2.com/

mini_121.jpg


2012年12月9日


スポンサーサイト




アルファ gtv 2.0TB を降りることにしました...
ガソリン漏れが結局直らず、これ以上、このクルマにお金を掛けるのもどうかなぁと思い降りることにしました。

また、イタリア車とは暫く距離を置く予定なので、このブログも終了します!
今まで、訪れてくれた皆様、有難うございました。

また、どこかでブログを始めるかもしれませんので、そのときまでさようなら!

2012年9月17日

テーマ:愛車 - ジャンル:車・バイク


2012年 Joy耐 練習会に参加してきました!
シビ復活_001

さてはて”クルマdeサーキット”カテゴリでありますが、2012年の初更新でございます。2009年のアイドラーズ12時間耐久レースにて10年振りにサーキット活動を再開したワタクシ。幸いにもそれから毎年、若かりし頃のようにスプリントレースに参戦することは無くなりましたが、何某かの耐久レースに参戦し続けてきました。レース活動を継続するには、自身のモチベーションはもちろんのこと、仲間や予算、クルマのメンテナンスをお願いできるショップ(メカニック)の存在など、色々な環境が揃わないとできません。そして、有り難いことに2012年もそのような環境が揃い、レース活動を継続できることになったのでありました。

さて、ワタクシの2012年におけるレースカー初ドライブは、6月は15日の金曜日に開催されたJoy耐 練習会でありました。本来は4月は8日の日曜日に開催された”春のアイドラーズ3時間耐久レース”にて初ドライブをするハズでした。がしかし、そこで大事件が発生....なんと..なんと..レース中にしっかりとはまっていなかったボンピンが外れ、ボンネットがフロントウィンドウを直撃、もちろん、フロントウィンドウは粉々....被害はルーフまで及びクルマは大きなダメージを負ってしまったのでありました。ドライバーの的確な判断によって、後続車を巻き込むなどの最悪な事態は免れたものの、レース仲間内では”ボンネット事件”として重い、重いトラウマとなってしまいました。しかし、ドライバー自身が無事だったことは不幸中の幸いといえるかもしれません。

シビック
大きなダメージを負ったEK9シビック。板金作業が終わり、後はフロントウィンドウとフロントグリルをはめて、ゼッケンを付ければ完成でございます。

今回の”ボンネット事件”に加えて色々な事情が重なり、2012年のJoy耐参戦が危ぶまれましたが、最終的にはメンバー間での合意形成がなされ、今回のJoy耐 練習会を迎えたのでありました。

ワタクシはといえば、前回のサーキット走行が、昨年12月の冬のアイドラーズ3時間耐久レースでしたから、約半年ぶりのドライブとなります。久々の走行となりますので、まずはサーキット勘を思い出すことが最優先であります。

本練習会は、午前と午後でなんと!5時間半もの走行時間があります。EK9シビック号を初ドライブするメンバーもいるので、この長い走行時間は本当に有り難いものでした。しかも、もてぎのライセンスを持っていれば、これだけ走って走行料は30,000円ポッキリ。コストパフォーマンスの高い練習会なのでありました。ワタクシは本番のJoy耐では予選担当であるAドライバー兼監督で出場となります。ですので、前述した”サーキット勘を思い出すこと”に加え、予選を想定したタイムアタックと燃費計算をするためのシュミレーション走行をすることになりました。

数十分の走行後、大分勘が戻ってきたので、タイムアタックをしてみました。途中、燃費シュミレーション走行をしていたであろうクルマを数台抜くことになり、ベストなラインを走れたとは言えませんでしたが、タイムは2分22秒2。目標タイムである20秒台には遠く及ばなかったものの、条件を考えると満足できるタイムを出すことができたと思います。ちなみに、昨年の予選結果に今回のタイムを当てはめてみると予選順位は32位に。本番レースでのチームの目標は、”参加車中、上位半分以内の順位でゴール!”なので、この順位でスタート出来ればOKでしょう。もちろん、本番の予選では目標の20秒台を目指してがんばりますが、今回のJoy耐は昨年同様、参加者が少ないようで予選落ちは無いとのこと。なので、あんまり無理せずに行こうとも思っています。

続いて、燃費計算をするためのシュミレーション走行に入ります。極力燃費を良くするために、リミットな回転数を7,000回転とし2速は封印しての走行です。淡々と26秒台付近で走行を続けました。この走行でソコソコの燃費が出ましたので、これを基にレースシュミレーションを行う予定です。ここからは監督業となりますが、このレースシュミレーションも耐久レースの醍醐味だと思います。しっかりと、シュミレーションしてレース本番を迎えたいと思います。

Joy耐の本番は、7月は14日の土曜日と15日の日曜日の2日間。レース本番まで既に1カ月を切っています。冒頭に書いたように、レース活動は色々な環境が揃わないと続けてゆけないもの。もしかしたら、今年が最後になるかもしれません。ですので、レース当日は精一杯楽しもうと思っている謎のイタリア野郎なのでありました。

テーマ:サーキット走行 - ジャンル:車・バイク


K-9 POLISHさんにコーティングをお願いしました!
K9_002.jpg

納車前にオールペイントをした我がgtv。悲しいかな納車時に良く見るとボンネットには、洗車のときに入ったと思われる多数の傷が入っておりました。ブラックなボディカラーは塗装が柔らかく簡単に傷が入ってしまいます。コンパウンドの残りカスもありますし、コーティングに出そうかとお店探しを始めたのでありました。

今回は無数の傷が既にボディに入っていた為、下地処理をきちんとやっていただけそうなお店をネットで調べてみることに。そして、コーティングを愛車に施した結果を綴った幾つかのブログを徘徊すること数時間、見つけたお店がK-9 POLISHさんなのでございます。

お店のサイトをみてみると、店主の半端ない拘りを感じさせてくれる内容です。作業はお一人で全てこなし、施工する環境は密閉された埃の入らない室内。もちろん、適正な温度と湿度管理を徹底された空間を創出して作業をするとのこと。うーん、期待できます。そして、ワタクシの優先度が一番高い下地処理でありますが、ココを見るととてもチカラを入れられている模様。コーティング業界は良いショップは一握りで、後は有象無象なショップが多いとワタクシは勝手な印象を持っていますが、実際施工したユーザーのブログ、ショップのサイトを見た結果、こちらのショップは一握りの良いショップだと判断して早速、施工の予約をお願いすることにしました。

5月の連休後あたりに連絡をすると、施工までなんと1ヶ月待ちとのこと。6月の某日に入庫し、先週末に艶やかなボディを纏って、ワタクシの元へ帰ってきたのでありました。

施工の内容はここで細かく書くよりもココを見れば一目瞭然。Before-Afterを比べるとびっくりでございます。

ここまでの作業をして、費用は決して高くはない印象です。ガラスコーティングの一般的な価格、もしくは安い位かもしれません。車種、状態によって価格は変わるようですので、ここで明示することは避けますが、作業内容を考えると非常にリーズナブルと言えると思います。施工後のヌメッとしたしっとりお肌。現時点での満足度は高く、gtvへの愛情はより深いものになりました。

アルファ gtv 。ちょっと古くなってしまったけど、伊達オトコを気取り、いつもピカピカに艶やかな状態で乗りたいクルマでございます。これからも、今の状態を出来るだけ維持し、艶やかに乗ってゆきたいと思っています。

後は懸案の室内に漂うガソリン臭の完全排除。
原因はキャニスターに特定出来たのですが、未だ部品を調達出来ず、暫定処置で様子見でございます。主治医のアイデアにより以前よりは大分マシになったのでありますが、未だに臭いが残っていて完治とは言えない状態なのであります。現在の懸案事項はこの位ですので、早く完治ををさせ、今後はフレグランスの匂いを車内を充満させたい謎のイタリア野郎なのでありました。

テーマ:ボディーコーティング - ジャンル:車・バイク


カンティーナ 逗子店に行ってきました!
4月は某日の日曜日、以前から気になっていた逗子駅の近くにあるイタリアンなレストラン、ウーナジョルナータに行こうとクルマを走らせました。

がしかし、お店に着くと満席で入れないとのこと。あー予約をしておけばよかった。近々、再度お伺いしようと思います。気を取り直して、どうせならレストランの新規開拓でもしようかと暫しお散歩。134号線まで歩いたところで、お腹が空きすぎてギブアップとなりました。イタリアンなレストランが沢山ある逗子界隈ですが、すぐ近くにあるカンティーナ 逗子店に行くことにしました。

cantina_002

このお店、何回か訪れていますが、価格がとてもリーズナブル。お味の方は普通のファミレス+αといったところですが、イタリアンなファミリーレストランと考えれば十分に満足できるレベルでございます。

cantina_003

お店に入り、まず目に飛び込んでくるがこのピザ窯。ランチメニューなカプリセット(パスタorピッツァ、サラダ、ドリンク付きで 1,280円)でピザ好きなワタクシは勿論ピザでマルゲリータをセレクト。相方はパスタで本日のパスタを選んでおりました。

cantina_004

ピザが到着。がしかし、マルゲリータを選んだはずなのに、テーブルの上にはクアトロ・ファルマッジが....4つのチーズで焼かれたピザで御座います。店員さんに指摘して作り直してもらえば良いのですが、お腹の空き具合はマックス。まぁ、いいかっと食してしまいました。

途中で店員さんが気付いて作り直しますと言ってくれましたが、もうほとんど完食間近。いいですよと言ったのですが、だったらお持ち帰りで作り直しますとのことで、マルゲリータなお土産が出来たのでありました。

お味の方は、ナポリピザという割には生地のモチモチ感が足りない印象。チーズも生地とのマッチングもイマイチなのでありますが、土地代が高そうな海沿いにあり、サラダとドリンク付きで1,500円アンダーと考えるとギリギリではありますが合格レベルといった感じでしょうか。

cantina_001

相方が頼んだパスタはといえばちょっと茹で過ぎな印象もありますが、こちらも立地と価格を考えればこんなもんかなという感じでございます。

ゴールデンウィーク中に訪れた清里では「ピザが売り」のお店に飛び込みで入ったのでありますが、カンティーナのピザよりも倍以上の値段でお味は最悪という目にあいました。そう考えると、気軽に入れる点も踏まえ、カジュアルに多くの人数でワイワイしながら楽しむには良いお店だと思います。

逗子はイタリアンの激戦区。こんなカジュアルなお店から隠れ家的なお店まで一杯のレストランがあるんでイタリアン好きにはお勧めなエリアで御座います。

次回こそは、手を抜かないでキチンと予約してウーナジョルナータに行ってみようと思います。行った際には、このブログでご紹介したいと思います。お楽しみに♪

テーマ:こんな店に行ってきました - ジャンル:グルメ




AperionRoman